ラゾーナ川崎プラザソルの15周年記念演劇公演『俺は黙って鍋を振る』の公式ホームページの制作を承りました。

11周年『パンクドランカー』、13周年『KEISOU』、14周年『まゆげガールと、はなげボーイ』に続き、今年も制作を依頼していただきました。

今回は内容が町中華の人情コメディとのことで、下町の頑固おやじが鍋を振る和風のイメージにて作成を行いました。縦書きを活用しつつ、シンプルにミニマルなレイアウトで組み上げることで、必要情報の可読性と認識性の高さを意識しています。

俺は黙って鍋を振るホームページ制作

→舞台『俺は黙って鍋を振る』のホームページを見る