飲食店にホームページは必要なのか

飲食店ホームページ

基本的にはホームページは、ないよりはあったほうが絶対にいいです。スマホの普及でインターネットがいつでもどこでも当たり前になった世の中。少しでもわからないことがあれば、みんなスマホを使って調べます。

ですが、ホームページ制作を仕事にしていると、たまーに耳にするんですよね。「飲食店ってホームページ作る必要ある?」って声。

 
どうしてこんなことを言う人がいるんでしょうか?
ホームページはあったほうがいいのに・・・

 
 
答えは簡単です。飲食店業界には「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパー」というめちゃめちゃビッグなグルメポータルサイトがあるからです。

 
食べログなどのグルメポータルサイト

 
これらのグルメポータルサイトは、店舗側はもちろん、お客さん側でも店舗情報の登録ができます。登録するとそのお店専用のページが作成されます。そのページは、住所、営業時間、定休日、メニューなどの必要な情報は全て網羅されており、お客さんは口コミや料理の写真のアップロードが可能。

言ってしまえば、ホームページに近いものが無料で完成してしまうわけです。インターネットでお店を探している人から見ればこれで十分ですよね。たしかにわざわざお金と労力をかけてホームページ作る必要ないじゃん、っていう言い分もわかります。

 
いや、確かにその通りなんですけど。

 
 
でもちょっと待って!

 
 
やっぱりポータルサイトには強みと弱みがあるわけで。そういった部分をしっかり理解したうえでホームページの必要性を考えてみてほしいのですよ。

ここからちょいとグルメポータルサイトの特徴を並べていきますね。

 

グルメポータルサイトの強み

何よりも規模がでかくて情報が膨大であることが強みですよね。日本全国の飲食店を網羅していて、地域ごと、ジャンルごと、予算ごとにも検索が可能。ランキングも見れるし、お客さんの生の声や、実際に撮影されたお店の写真や料理写真も確認することができます。その店舗がそのポータルサイトの有料プランを利用していた場合は、クーポン発行やWeb予約なども行うことも可能です。

また地域SEOに非常に強いのも特徴ですね。「地域+飲食店ジャンル」で検索した場合、1ページ目の検索結果はポータルサイトの情報で埋め尽くされる場合が多いです。

 

グルメポータルサイトの弱み

1.融通が利かない

お店のページが作成されるといっても、それはあくまでポータルサイトの中に作られる1ページでしかありません。レイアウトはどのページも共通で個性を出すことはほとんどできません。また記載できる情報にもある程度縛りがあるので、お店の基本情報程度であれば掲載に不自由はありませんが、それ以外の情報を発信したいときにはどうしても融通が利かない部分があります。そのため狙ったワードでのSEOも難しくなります。

 

2.お客さんの投稿もときにはマイナス効果

そして大きなメリットであるはずの口コミも、ときにはデメリットになるときがあります。どんな商売においても実感することかと思いますが、お客さんは本当にいろんな人がいるんですよね。ときにはまったく筋の通っていない理不尽な悪評を書かれることも。それがあらぬ誤解によるものだったとしても、そこに書き込まれた悪口はお店の評判としてずっと残り続けてしまいます。

あとお客さんが投稿する写真もそうです。お客さんははっきり言って写真のプロではありません。必ずその料理を美味しそうに撮影してくれるという保証はないんですよね。「こんなはずじゃない」写真をアップされちゃうようなこともしばしば。

 

3.ポータルサイト内で目立とうと思うと結構なお金がかかる

ポータルサイトの情報量が多過ぎて、自分のお店の情報は埋もれがちです。その中で目立とうと思うとお金の力が必要になります。大抵のポータルサイトは金額が高いプランであるほど、表示位置が優遇される仕組みになっています。月額で何万レベルの費用が必要になるので、それに見合った集客ができなければ逆に赤字になってしまいます。

 

飲食店ホームページを作る意味

さてさて、ずらっとポータルサイトの強みと弱みを書き連ねてみましたが。ポータルサイトは、デメリットを差し引いてもやっぱり便利です。お客さんも使い方に慣れていますし、ポータルサイト経由で来店につながる割合も間違いなく多いでしょう。

「じゃあやっぱり飲食店のホームページはいらないじゃん」
そういう結論になってしまいそうですね。

 
 
でもちょっと待った!(本日2度目)

 
 
飲食店にホームページが絶対必要とまでは言いません。でもね、やっぱり飲食店にもホームページはあったほうがいいんですよ。間違いなく。ここからはポータルサイトにはないホームページの強みについて書いていきます。

 

ホームページの強み

1.まずは何よりブランディング

ホームページを持つことが当たり前の時代になっています。一昔前は「ホームページあるんだ?すごいね!」という世の中だったのに、いまでは「まだホームページないの?どうして?」という世の中になっています。

さらに言うと、いまでは「食べログやぐるなびのページがあれば十分!」から「食べログやぐるなびのページしかないの?」という風潮になりつつあるのです。ホームページを持っていないというだけでブランディングでマイナススタート。これは避けたいところですね。

 

2.お店のPRを自由にできる

自分のホームページであれば、ページ数もレイアウトも掲載する内容もすべて自由です。和風居酒屋なら和風居酒屋の、イタリアンならイタリアンの、そのお店に合わせた雰囲気があると思います。ポータルサイトの中の1ページでは表現できない独自の表現が、自社ホームページであれば可能です。

 

3.いろんなワードでSEOが狙える

前述しましたが、グルメポータルサイトは地域ワードでのSEOに限っては無敵といってもいいぐらいに強いです。「札幌 ラーメン」のような「地域+ジャンル」の検索ワードでは、自社のホームページがポータルサイトのページより上位に出るようにするのは困難です。ポータルサイトに自社ホームページのURLを登録して、「地域+ジャンル」の検索ではポータルサイトを経由して自社ホームページに来てもらうつもりで割り切りましょう。

狙いたいのは、まずは「店名」での検索。さすがのポータルサイトでも、店名そのものの検索であれば自社ホームページに軍配が上がることが多いです(Googleがある程度配慮しているのかもしれませんね)。

そしてロングテールSEO。ホームページの内容がしっかりと充実していれば、いろんな複合ワードで検索に引っかかる場合が考えられます。その組み合わせは無限に近いです。これもポータルサイトには出せない強みですね。

 

4.検索結果がポータルサイトで埋まっていてもGoogleローカルプレイスがある

最近はGoogleで検索した時に、パソコンであれば画面右側に、モバイルであれば一番上部に、地図と一緒に店舗情報が表示されるようになりましたね。あれをGoogleローカルプレイスといいます(ビジネスオーナ目線の場合はGoogleマイビジネスとも呼びます)。

この機能はGoogleマップと連動していて、「札幌 ラーメン」のような地域ワードで検索した時に、札幌の地図と代表的なラーメン店が表示されます。さらには携帯のGPSとも連動しているのもすごいところで、「ラーメン」とだけ入力した場合は自分の現在地付近の代表的なラーメン屋の表示もできちゃいます。

これは通常の検索結果よりも目立つ場所に表示されるため、ここにURLを掲載しておけば十分なアクセスが見込めます。ポータルサイトで埋まってしまう地域ワードでの検索結果ですが、それらよりも上に表示されるGoogleローカルプレイスの普及によって、ホームページそのもののURLの価値が見直されるようになりました。

 

ホームページとポータルサイトそれぞれに役割がある

はい、ホームページにもポータルサイトにも良いところ悪いところがあります。どっちを活用したらいいかわからない? だったら両方活用したらいいじゃない(マリー・アントワネット風に)。

これはポータルサイトとホームページだけに限ったことではなく、SNSなども含めて言えることです。ブログでもFacebookでもTwitterでも、それぞれのメリット・デメリットがあって、それぞれ適した使い方があります。さすがに全部をやるのは手間ひまの問題でちょっと厳しいですが、活用できるものはできる範囲で使っていくのがベストな選択だと思います。

結論、飲食店にもホームページはあったほうがいいです。もしまだポータルサイトページだけってお店があれば、いま一度検討くださいましー。