ブログにたくさんアクセスあるのに、売り上げが伸びない。。。

アメブロのアクセス解析

知り合いのブロガーさんからこんな声を聞くことがあります。ブログをずっと続けていて、その中で自分が提供するサービスをPRしているとのこと。そのブログは平均して1日1,000PV以上のアクセスがあるらしいのですが、紹介している商品の申込みフォームにはほとんど注文がないそうで。

アクセスはあるのに成果につながっていない。

考えられる原因はいろいろあると思います。その商品が閲覧者にとって そもそも興味がないモノなのかもしれませんし、もしかしたら商品アピールが弱くてあまり閲覧者の心に響いていないのかもしれません。

 
でもその前に自分は必ずこれを聞きます。

「もしかしてアメブロですか?」と。

 
 
そして続けて聞きます。

「もしかしてアメブロのアクセス解析を見てますか?」と。

 
 
アメブロのアクセス解析はダメです。アメブロのアクセス解析は、アクセス解析と呼んではいけないぐらいに、まったく別のモノなのです。

 
 

アメブロのアクセス解析はあてにならない

アメブロのアクセス解析はあてにならない

ブログサービスは非常に多く存在しますが、日本ではブログと言えばまず最初にアメブロを思い浮かべるんじゃないかというぐらいに有名なサービスです。無料で自由に記事を書けるブログを作れる上に、タレントブログや人気記事のランキング、アメーバピグや足あとなどのソーシャル的な機能も備えているため非常に人気。

個人的にはアメブロは、機能性が高い非常に良くできたサービスだと思っています。無料でここまで できれば文句言う筋合いもないよねレベルですよ。

 
ただね、マジでアクセス解析だけはどうしようもないくらい、ダメなんです。

 
結論から先に言うと、アメブロのアクセス解析は本来の数字よりも多くカウントされます。しかもちょっと誤差があるとかいうレベルではなく、何倍何十倍レベルで多くカウントされます。

このアクセスの水増しは他のアクセス解析サービスを同時に使えばすぐにわかります。Googleアナリティクスや忍者ツールなんかを設置してみてください。1,000PVだと思っていた数字が、実は20PVだったりすることもザラです。びっくりするぐらいに解析結果に差が出ますよ(苦笑)

もはや水増しどころか詐欺レベルです。そりゃあ1,000PVあっても売り上げ伸びませんよね。だって実際にはその何十分の一しかお客さんが来ていなかったのですから。

 

アメブロのアクセス解析だとカウントが多くなってしまう理由

アクセス解析の水増し

なぜアメブロのアクセス解析がここまで多くカウントされてしまうのか。この現状は何年も前から続いているので、いろんなブロガーさんたちが推測と検証を重ねています。

1.クローラーの訪問をカウントしている(推測)

インターネット上に公開されているページは、クローラーと呼ばれるプログラムが常に巡回しています。これはGoogleなどの検索エンジンが情報収集のために行っているのですが、アメブロのアクセスカウンターはこういったプログラムの訪問までカウントしているんじゃないかという説。これはあくまで推測なので確証はありません。

2.自社クローラーの訪問をカウントしている(推測)

これも有力です。アメブロで作ったブログは運営が人気ブログ、人気記事、いいね情報、足跡情報など様々な情報を取得して管理しています。アメブロで独自の自社クローラーが存在していると考えられます。こういった自社クローラーの訪問までカウントしているんじゃないかという説。これもあくまで推測なので確証はありません。

3.RSSのアクセス数をカウントしている

アメブロでは友達指定したブログのRSS情報を取得することができます。その取得のための巡回プログラムの訪問数までカウントしちゃっているということ。これはアメブロのヘルプに「カウントしている」と記載があります。

4.画像拡大ページのフリック数をカウントしている

アメブロ記事の中の画像をタップすると、その記事の中にある画像をスライドショーのように見ることができます。1枚1枚そのスライドのたびにカウントがされているということ。これはアメブロのヘルプに「カウントしている」と記載があります。

5.Amebaアプリでのアクセス数をカウントしている

Amebaアプリを使用してブログを閲覧した場合、これをカウントしているとアメブロのヘルプに記載があります。このAmebaアプリによるアクセスはGoogleアナリティクスでは拾えないとも記載がありますね。このアプリが広く普及されていればいるほど、アメブロのアクセス解析と他社のアクセス解析の差が開くことになります。現状ではアプリの評判もいまひとつなので、そこまで多くの人には使ってもらえてないのではないかと思えますが。

あと「Amebaアプリでのアクセス数」って、人間の閲覧数のことを言っているのかが若干疑問。アプリのクローラーとかが巡回しててそれもカウント・・・ってことないよね? ね?

 

みんなが求めるアクセス解析とは何か

求めているアクセス解析

実は「何をアクセスとみなすか」ってことには定義はありません。プログラムがホームページを巡回することだって立派なアクセスです。RSS取得のためのプログラムが巡回することもアクセスと言えばアクセスです。だからアメブロのアクセス解析も考え方によっては「アクセス解析のひとつ」に間違いはないのです。

 
でもねー、

 
普通に考えたら我々がアクセス解析に求めるものって、サイトを見てくれた「人間」のカウントですよねー。

プログラムが巡回した数なんて一般のブロガーさんは必要としてます? RSSのカウントって必要ですか? 画像フリックのカウントって必要ですか?

しかもそれらのプログラムの巡回数と人間の訪問数を足して合計だけ示して「あなたのブログのアクセス数です!」って、オイオイちょっと待ってくださいよって感じですね。「東京に住んでる数ってどれぐらい?」って質問したのに「東京に生息する全ての生き物の数」を教えてくるようなもんですよ。目くらましもいいとこ。

 

アメブロのアクセス解析がこんな仕様になってる理由

アメブロのブロガー

 

運営側はブロガーに記事をいっぱい書いてほしい

どうしてアメブロの運営はアクセス解析をこんな風に水増し状態にしているのでしょうか? 答えは推測の域を出ませんが、まず間違いありません。アクセス数が多く伸びたほうがブロガーのモチベーションが上がるからです。

せっかくがんばってブログ記事を書いても、アクセス数が1桁だとやっぱりがっかりします。でもブログを書いたその日にアクセスが100!となればどうでしょう? こんなにも多くの人が自分の文章を読んでくれるんだと思って嬉しい気持ちになり、また明日も記事を書こうという気になりますよね。

アメブロは広告収入が主な収入源となっているので、ブログ記事が多く投稿されればされるほど広告が露出される機会が増えて増益となります。アメブロ運営側にとっては、ブロガーさんがどれだけブログを続けてくれるかが非常に重要なポイントになるというわけですね。

 
ちなみに、これはアメブロのヘルプからの抜粋。

Q2. Google AnalyticsとAmebaブログのアクセス解析の数が異なります。なぜですか?
A2. Google Analyticsの値にはAmebaアプリのページビューは含まれません。また、Google AnalyticsとAmebaブログのアクセス解析では、仕組みが異なるため正確に一致することはございません。
なお、Amebaブログのアクセス解析には以下の数値が含まれております。
・RSSのアクセス数
・画像拡大ページのフリック数
・Amebaアプリでのアクセス数

「以下の数値が含まれております」っていう事を明記していますけどね。まさか「以下の数値」のほうが圧倒的に比重が多いだなんて一般ユーザーは気づかないでしょう。そもそも、これらはあきらかに必要性の薄い情報です。カウントに含めないほうが一般ユーザーのためですし、もしカウントするなら人間の訪問数とは区別して表示するべきです。

プログラムによるアクセスと人間によるアクセスを区別してカウントするなんて技術的にまったく難しくないのに、あえて合算値を出して「あなたのブログを見てる人がこんなにいますよ感」を演出する。会社としてそういう姿勢なんでしょうね。ヤダヤダ。

 

まとめ: アメブロを使うときは 他社のアクセス解析を使いましょう

アメブロを利用するときは、アメブロのアクセス解析はあてになりません。必ず他社のアクセス解析サービスを利用するようにしましょう。アクセス解析サービスはたくさんありますが、おススメはこの2つです。

1.Googleアナリティクス

無料でこれ以上ないぐらいに高度な解析ができます。アメブロにも外部サービスを利用するという項目からコードの設置が簡単にできるのでオススメ。ただし機能が多過ぎるうえに専門用語も非常に多いので、管理画面の内容を理解するのに時間がかかるかもしれません。
→Googleアナリティクス

2.忍者ツールズ

こちらも無料ですがサイト内に広告が出てしまいます。そもそもアメブロは標準で広告だらけなので、いまさら広告1枚増えたところであまり気にならないかもしれませんが。アクセス解析としては十分な機能が備わっていて、しかも直感的に見やすくてわかりやすいので初心者にもオススメです。
→忍者ツールズ アクセス解析

 
アクセス数は、ブログ更新のモチベーションになるのはもちろん、自分のブログの改善を行うときにも重要なソースになります。目安にもならないようなアメブロのアクセス解析には頼らず、正しい解析データを利用するようにしましょー!!